Facemotion3dへのアップグレード


iFacialMocapは私の個人的なプロジェクトでしたが、パートナーから誘われてFacemotion3dという新しいアプリの開発を開始しました。

 

Facemotion 3dの情報は、以下のWEBページから確認できます。

https://www.facemotion3d.info/

 

Facemotion3dには、iFacialMocapに比べていくつかの優れた点があります。

しかし、Facemotion3dにはいくつかの懸念点もあります。

Facemotion3dでは多くの処理をiOS側で行うようになりました。

Facemotion3dではアバターのポリゴン数が増えました。

そのため、長時間使用するにあたっては端末の負荷が上がりやすくなっている可能性があります。

アプリをリリースして間もないため、いくつかの不具合がある可能性もあります。

無料試用期間などもあるため、慎重にご購入を検討ください。

 

今後、私はFacemotion3dの開発に焦点を当てますが、iFacialMocapが廃止になることはありません。

パートナーとの関係が悪化しない範囲で、iFacialMocapを更新し続けますのでご安心ください。

 

 

【iFacialMocapとFacemotion3dの比較】

1.インターフェースとデザインの改善

iFacialMocapによって表示されるアバターはシンプルでしたが、Facemotion3dではいくつかのアバターが追加され、リッチなグラフィックを楽しむことができます。

 

ボタンのデザインも改善され、ボタンを押したときのアニメーションなどが追加されました。

 

2. DAZStudioとの通信

Facemotion3dはDAZStudioとリアルタイムで通信できます。

3.Mayaとのダイレクト通信

iFacialMocapは、PC上のソフトウェアを介してMayaと通信することができます。

しかし、Facemotion3dでは、PCのミドルソフトウェアを使用することなくMayaとダイレクト通信ができます。

 

また、ストリーミングを介して記録されたアニメーションをベイク処理する速度も向上しています。

アニメーションをベイク処理するときに、ストリーミング経由でオーディオをタイムラインにインポートすることもできます。

 

BlendShape名をカンマで区切ることで、複数のblendShapeを動かすこともできます。

3.Blenderとのダイレクト通信

iFacialMocapは、PC上のソフトウェアを介してBlenderと通信することができました。

しかし、Facemotion3dでは、PCのミドルソフトウェアを使用することなくBlenderとダイレクト通信ができます。

 

また、ストリーミングを介して記録されたアニメーションをベイク処理する速度も向上しています。

アニメーションをベイク処理するときに、ストリーミング経由でオーディオをタイムラインにインポートすることもできます。

 

4.Unityとのダイレクト通信

iFacialMocapは、PC上のソフトウェアを介してUnityと通信することができました。

しかし、Facemotion3dでは、PCのミドルソフトウェアを使用することなくUnityとダイレクト通信ができます。

 

 

さらに、Facemotion3dを使用すると、Unity内にオブジェクト名を埋め込むことができるため、ゲームを簡単に作成できます。

Facemotion3dでは、ゲームの開始時にアプリに自動的に接続するオプションが追加されました。

また、UDPだけでなくTCP / IPを介して通信する方法が追加されました。

 

4. VRMインポート機能

Facemotion3dでは、VRMモデルをiOSアプリ内に2体以上インポートして登録できます。

また、ライトやカメラなどの設定を細かく調節できます。

 

5. BlendShapeのキャリブレーション

 

Facemotion3dは、BlendShapeのキャリブレーションが出来ます。

アバターの目が大きく開かない、口がぴったり閉まらないなどの問題に対応できます。

 

Facemotion3dには、iFacialMocapにはない他の多くの機能があります。

Facemotion3dは無料でダウンロードできます。 ぜひお試しください。

 

 

 

 

FACEMOTION3Dのリリース経緯について

https://note.com/pekochun/n/n47ab544bf932