Q.「Connect to Maya」などを押してもiOSアプリが反応しない


「Connect to Maya」などのボタンを押してもiPhoneアプリの青色のバーが消えず、アプリが反応しない場合があります。

そのような場合は以下を参考にしてください。

 

①ConnectとDisconnectを何度か繰り返してみる、アプリの再起動、スマートフォン本体の再起動、PCの再起動等を試してから実行してみてください。(特に、起動時に赤色のバーが表示された場合は、スマホ本体の再起動が必要です)

 

②iPhone IP addressの項目を「255.255.255.255」に変更して実行してみてください。

 これは、同一ネットワーク上のすべてのマシンに接続を試みるためのIPアドレスです。

 

③それでも駄目だった場合、iOS ConnectionTypeを「UDP-UDP」から「TCP-TCP」に変更してから実行をしてみてください

 

 

④ iPhoneの設定→Wi-Fi→使用しているWi-Fiの(i)マークをタップ→IPを構成

     の順に進んで頂き、「自動」となっている設定を「BootP」に変更をしてから実行してみてください。

 

 

⑤上記の方法でも動作しない場合、以下を試してみてください。

 

Windowsの場合はコマンドプロンプトを起動

https://www.adminweb.jp/command/ini/index1.html

Macの場合はターミナルを起動してください。

https://syncer.jp/mac-terminal

 

コマンドプロンプトまたはターミナルで「ping 192.168.1.3」というように、iOSアプリで表示されているIPアドレスに対してpingコマンドを送信してください。

 

もし、pingで接続できていない場合は、ご使用のルーターによって端末間の通信が許可されていない可能性があります。

ルーターの製造メーカー様に「pingが繋がらない」という旨をお問い合わせ頂き、ルーターの設定の変更方法等をご確認ください。

 

 

Wi-Fi接続ではルーターによるブロック問題があるため、今後のアップデートでBluetooth接続に対応し、Bluetoothで接続できるようにする予定です。それまではルーターの設定に影響を受けます。

Q. iOSアプリは反応するのに接続がうまく行かない場合


OSのファイアウォールによって接続がブロックされている可能性があります。
以下の方法を試してみてください。
・方法その1
以下のURLをご覧になって頂き、「Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可」から、「iFacialMocap」と「Maya/Unity/Blender」の「プライベート」のチェックをONにしてください。
・方法その2
方法その1を行っても接続がうまく行かなかった場合は、以下のURLをご覧になって頂き、「TCP」の「50001番ポート」、「UDP」の「50002番ポートと50003番ポート」を開放してみてください。

 

Q. Unityでサンプルデータは動くのに、Maya等で作成したモデルをインポートすると動かせない


Mayaで作成したデータをUnityにインポートすると、BlendShapeノードの名前が先頭に付いてしまい、Mayaで「eyeBlinkLeft」として作ったBlendShapeの名前が「blendShape5.eyeBlinkLeft」などの名前に置き換わってしまいます。

 

iFacialMocapでは、BlendShape名が完全一致していないと動かないため、このままでは動きません。

そのため、BlendShapeTargetSettingsの「prefix」の項目に「blendShape5.」などの名前を記述してあげると、全てのBlendShapeに対して一括でprefixをつけることができ、動くようになります。

Q.Unityでビルドした自作アプリで動作しない場合


通常のビルドだと、Unityは非アクティブになっていると動作しません。

 

iFacialMocapの「Connect to Unity」ボタンを押すと、アクティブなウインドウがUnityからiFacialMocap側に移ってしまうため、Unityの画面をタップしてあげる必要があります。

 

または、ビルドする前の設定で、「Edit」→「Project Settings」→「Run in Background」の項目をONにしてあげると、非アクティブな状態でもUnityが動作します。また、アプリの立ち上げ順番も重要で、Unity製の自作アプリよりも先に、PC側のiFacialMocapを起動しておかないと動作しません。

Q.その他、何らかの挙動がおかしい場合


iFacialMocapのPC側のソフトウェアには、debugModeと呼ばれるモードがあります。

debugModeをONにした後にボタン等を押すと、エラー内容のメッセージがdebugModeのウインドウに表示される場合があります。

そのメッセージを問い合わせ時に送って頂けると解決方法をご提示できる可能性が少し高まります。

Q.メールボタンを押してもメールアプリが起動しない場合


iOSにメールアドレスを登録していない場合、メールアプリが起動しません。

以下のURLの手順を参考にしてiOS端末にメールアドレスを登録してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201320

 

もしくは、iOSのファイルフォルダ→iFacialMocapにアクセスするとファイルが保存されているため、そこからファイルを選択し、メールに添付して送信することもできます。

Q. 返品、返金について


上記の方法で問題が解決できなかった場合

もしくはメール等での問い合わせでも問題が解決できなかった場合

もしくはFaceID非搭載のiPhoneをご利用している方で、間違えて購入してしまった場合

 

誠に残念ながら、ご使用の環境によって問題を解決できない場合があります。

または、動作速度などが期待に沿わなかった場合など、以下のURLを参照して返品、返金手続きを行ってください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204084

Q. 商用利用に関する規約や制限はありますか?


特にありません。ご購入いただいた場合、個人、法人問わず、どのような用途でも自由にお使いいただけます。

Q. UE4のサポート予定はありますか?


他のソフトウェアのサポート予定は、iFacialMocapとは別のアプリケーションで行う可能性が高いです。

実装する時期がいつになるかは未定です。